会社案内

会社案内

ご挨拶

社会・経済がめまぐるしく変貌するなかにおいて、農業政策も転換期を迎えており、弊社の運営の根幹である「卸売市場法」も例外ではありません。青果業界を取り巻く環境は年々複雑多様化されて厳しい状況になっておりますが、生命と健康の維持に欠くことのできない生鮮青果物流通の一翼を担うという使命と、「生産と消費をまごころで結ぶ」という企業理念のもと、どのような場面においても常に安全で安心な青果物を消費者の皆様に安定して供給することをめざしております。
松山青果株式会社 代表取締役社長 西原 洋

ご挨拶

会社名 松山青果株式会社
設立 昭和48年4月2日
所在地 〒791-8686 愛媛県松山市久万ノ台348番地1
電話番号 (089)924-1118(代表)
FAX (089)924-1141(総務)
代表者 代表取締役社長 西原 洋
資本金 65百万円
決算期 3月
社員数 55名
事業内容 青果物ならびにその加工品の卸売
主要取引先 全農・日園連・農協並びに商社等の出荷団体他
松山市中央卸売市場の仲卸業者各社及び売買参加者他
取引銀行 伊予銀行、愛媛銀行、農林中央金庫、愛媛県信連
アクセス
  • バス
    伊予鉄バス勝岡線「市駅」から「松山西中等教育学校前」
    バス停下車徒歩5分
  • JR
    JR松山駅から車で約10分
  • 高速道路
    松山ICから車で約30分 今治ICから車で約1時間
  • 空港
    松山空港から車で約20分
  • 松山観光港から車で約15分
野菜部 TEL (089)927-6018〜19
FAX (089)927-6027
果実部 TEL (089)927-6020〜21
FAX (089)927-6027
商事部 TEL (089)927-6022
FAX (089)927-6058
総務部 TEL (089)927-6023〜24
FAX (089)924-1141
商品管理課(夜間) TEL (089)924-1118(代表)
FAX (089)927-6027
輸送資材課 TEL (089)927-6026  (5:30〜13:30迄)
FAX (089)927-6027
開場時間
午前4時〜午後5時迄
販売時間 販売開始時刻   午前4時30分
せり販売開始時刻 午前6時30分
販売終了時刻   午後3時
荷受時間 午後2時〜翌朝午前7時迄(商品管理課員の常駐時間)

事業内容

青果物の受託・買付販売
バナナの加工販売
  • ムロ
  • 加工後
資材の販売
  • 販売
冷蔵庫
  • プッシュバックラック方式

沿革

昭和48年4月 松山市内地方市場9社12市場の内、松山青果他5社7市場が合併し、松山大同青果(株)を設立。
同年8月10日松山青果(株)に名称を改める。初代社長に矢野貞義就任。「実意・和」
昭和49年10月 松山市中央卸売市場完成。(昭和48年7月 建設工事起工)
昭和50年1月 松山市中央卸売市場へ入場し、青果部にて営業を開始。
昭和53年5月 初代社長矢野貞義が会長就任。2代目社長に矢野俊作就任。
昭和60年5月 2代目会長に矢野俊作就任。3代目社長に山本昶就任。
平成2年8月 青果部卸売場棟にジャバラ式保冷庫が設置される。
平成5年5月 バナナ加工所が増改築される。
平成6年2月 4代目社長に宮崎道繁就任。「信頼・躍進」
平成16年5月 5代目社長に尾崎教満就任。「誠実・果断」
平成26年5月 6代目社長に西原洋就任。「変化と挑戦」
平成27年5月 市場開場40周年を迎える。
平成29年12月 松山市中央市場冷蔵庫(協)の冷蔵庫が「耐震」及び「冷媒」対策のための改修工事を終え、同時に「プッシュバックラック方式」が採用される。
平成30年6月 当社独自の予冷施設(207㎡)を新設。

沿革

食の安心安全への取り組み

地域貢献への取り組み